おせちには伝統的な文化がある

subpage01

おせち料理には、一般的な料理と異なって重箱に食材や料理を詰めていくという文化が存在します。こういった文化が存在するのは、江戸時代に庶民の考え方と混ざり合って伝統的な料理の考え方としてミックスされたからに他なりません。
実際に重箱を利用して伝統的なおせちを作っていく人は、今でも非常に多いです。
元々は、感謝の意味を込めて作られていた料理という傾向があってこういった、このような考え方が庶民の考えと混ざり合って特徴的なおせちが出来上がったという背景があります。

事実、利用されている重箱にはめでたさを重ねるという意味を含んでいます。

おせちに興味ある方、必見です。

それぞれの重箱に使われる素材には、意味がそれぞれ異なっているという事情があります。どの段の重箱に素材を詰めるのかという考え方も。

こういった特徴的な時代背景や歴史的な考え方からやってきているということを知っておく必要があります。


例えば、地域によっておせちは重箱が4段重ねになっているところが存在します。一方で、他の地域では3段重ねで料理が提供されているところもあります。これも、それぞれの重箱に含まれている意味が異なるという地域信仰的な考え方が未だに残っているからに他なりません。



元来は、お正月にのみ提供されていたというものでもなく、その年の節目ごとに何らかの感謝があった時に捧げる料理として提供されていたものです。

ですからおせちを頂く時にはその感謝の意味を理解して作ったり食べたりすることが重要となっているわけです。