今人気の習い事、プログラミングスクール

subpage01

小学生の習い事の定番と言えばピアノやスイミングでしたが、最近はプログラミングの人気が高まっていることをご存知でしょうか。

もともとプログラミングスクールは大人向けに開講されているケースが大半でしたが、近年は需要の高まりを受けて子供向けのスクールが盛んに開講されるようになりました。


プログラミングができるようになると、将来の仕事の選択肢が広がります。
また理論的な思考能力や発想力、問題解決能力など身に着けられるでしょう。
こういった期待をこめて子どもをスクールに通わせるケースが増加しています。


では、実際にはどういうことを学ぶのでしょうか。

ギークジョブの評判の情報を探すならこちらです。

多くのスクールでは、これまでパソコンを触ったことがない子どもでも問題なく受けられる入門コースを用意しています。



最初は子供向けに開発されたプログラミング言語を使って簡単なゲーム作りなどを行い、基礎を教えていくのが一般的です。

スキルの向上に従って、本格的なプログラミングに移行していき、複雑なプログラムを書いたりアプリを作成したりすることもできるようになります。



週に1回などのペースで通って学ぶ形式と、夏休みなどに行われる3日間程度の短期集中で学ぶキャンプ形式とがあります。

まずはキャンプ形式で参加してみて、お子さんが興味をもったら通ってみるのも良いでしょう。なお、費用の相場はスクール形式の月謝が10、000円〜20、000円、キャンプ形式が50、000円前後と、習い事の費用としてはやや高めの傾向があります。