Skip to content

マンション雨漏りが起きた場合

建物は日々自然からの様々な影響を受けて痛んでいきます。普段から自分でもメンテナンスが出来る戸建と違いマンション雨漏りが起きた際は、自分で対処が出来ません。マンションで起きる雨漏りには、壁・窓周り・ベランダなどがあります。最上階であれば屋上から最下階であれば床下に起こる事もあります。

集合住宅であるマンション雨漏りは大きなトラブルに発展する可能性もあります。マンションで起きる雨漏りは、判断が難しい場合もあります。もしかすると上層階からの上水や排水の水漏れの可能性もあります。これが原因の場合は、損害保険が払われる時もあります。

しかし、雨漏りの場合は自己負担で修理する必要もあります。マンション雨漏りので屋上からの漏れがある場合は、通常は管理組合が修理します。屋上部分は共用部分なので管理者の保守範囲です。室内にシミがある場合は、家主の負担で修理を行う必要がありますが屋上からの雨漏りが原因なら管理組合に賠償責任が発生する事になります。

賃貸物件では、通常は借主に支払い義務は発生せず貸主が修繕をする必要があります。普通に住める家を貸す義務がある為で、貸主には修繕義務が発生します。ただし、通常の生活で問題がない程度の軽微なものに関しては、必ず修繕をする必要もなく線引きを何処でするかによりトラブルも発生します。様々なトラブルの要因になるマンション雨漏りは、定期的なメンテナンスで防ぐ事も可能です。

賃貸契約時には修繕範囲を確認して書面に残すなども重要です。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です