バスツアーに行きたくなるブログ

スキー旅行で快晴なら朝から昼を重点に滑る

スキー旅行に出かけて快晴だと気分も良いですし、太陽が出ているので厚着をする必要がありません。

旅行出発前には天気予報もこまめにチェックしますが、晴れの天気に恵まれると朝から夕方まで暖かいです。スキー場で滑っているうちに、どんどん暑くなるので発汗量も多くなります。汗をかいてそのままにできませんので、旅行の荷物には着替えも入れることです。雲一つない快晴ともなると、日光を遮る雲が無いために、太陽の陽射しはダイレクトに降り注ぎます。スキー場は白銀の世界ですから、雪の白色に光が反射して眩しいです。

強すぎる光は目を疲れさせるので、目元には必ずゴーグルを使うようにします。日差しが強烈なのも雪山であり、雲一つない快晴の日などは、とても日焼けをしやすい環境です。ゲレンデではスキーウェアに身を包みますので、肌の露出は顔だけになりますが、日焼け止めを塗るようにします。とても強い日差しの快晴ですから、UV対策をしないと日焼けして大変です。

快晴なので視界的にはとてもクリアであり、遠くまでゲレンデの状態を見渡せて滑りやすくなります。最も滑りやすい雪質は朝であり、天気が良いのでお昼を回ると、雪が解ける部分も出てきて、重い雪は滑りが悪いです。夕方になって日が落ちると今度は、その雪が金の低下で凍りますので、ゲレンデにはアイスバーンができるような状態です。ゲレンデ到着の際に天気が良い場合は、朝から昼に思い切り滑るようにします。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *