バスツアーに行きたくなるブログ

奈良の吉野川は関西から日帰りラフティングが可能

奈良県から和歌山県へと流れて、紀伊水道に注ぐ河川は紀の川と呼びますが、奈良県南部には吉野と呼ぶ場所があり、このエリアを流れる紀の川は吉野川と呼ばれています。

四国の吉野川のような急流ではないのですが、場所によっては流れが速くなる、水量が多い時などは豪快なラフティングができるなどからも人気を集めています。関西エリアの中でも吉野川(紀の川)はラフティングのメッカとしても有名で、週末になると関西エリアだけでなく、遠方から訪れる人も少なくありません。

しかも、奈良県自体も関西エリアであると同時に、大阪や神戸などからも日帰りで訪れることができる場所ですから、週末の時間を使って大自然の中でのアクティビティ体験をする人も増えているわけです。日頃のストレスを発散するのにも最適なスポーツで、着替えなどを持って行けば、必要な機材類はすべてショップが事前に用意してくれます。

季節によりウェットスーツの着用が必要になることもあるので、事前予約の時には体重および身長を伝えることで、自分のサイズに合うウェットスーツを用意して貰えます。参加することができる年齢は、ショップ毎に異なりますが、小学生以上からの参加になっているケースが多いため、お子さんが小学生であれば家族連れでラフティング体験を行えるメリットもあるわけです。

最寄り駅からフィールドまではタクシーなどを使うか、ショップが送迎を行っている場合は、それを使う形になるので、予約時に送迎の有無を確認しておくと良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *