バスツアーに行きたくなるブログ

神立高原スキー場を満喫できる池袋発日帰りバスツアー

池袋から朝出発する日帰りバスツアーに参加すると、神立高原スキー場でスキーやスノーボードなどを手軽に楽しむことができます。

スキー場での滞在時間は6時間から7時間です。ツアーには6000円ぐらいから参加可能です。リフト代はツアー料金に含まれています。出発時の集合場所は池袋駅から近いのでアクセスが楽です。神立高原スキー場は、子供から大人まで様々なレベルの人が楽しむことができます。上級コースのオリオンは山頂のスタート地点から左右二手に分かれており、右側のコースは、このスキー場で最も難しいコースです。左側のコースは程よい傾斜と十分な広さがあります。

スタート地点から平均斜度35度の急な斜面が続き、最大斜度が45度に達する地点もあり、パウダースノーをまき散らしながら滑走を楽しめます。ヘラクレスは平均斜度17度、最大斜度が40度の上級コースです。コブ斜面が特徴のこのコースはモーグル大会の会場になったこともあり、雪の降った後はパウダースノー上の滑走を楽しむことができます。レグルスは幅の広い短距離コースで、最大斜度が25度、平均斜度が18度の中級者向けコースです。

コースの片側は平らになっていて、滑走のトレーニングを行うのに適しています。もう一方にはエアー台が設置されており、モーグル専用のエリアになっています。ポルックスは平均斜度10度、最大斜度12度の斜面が1100メートル続く初級コースです。コース幅は平均50メートルもあるので、ゆったりと滑ることができます。ゲレンデのギャラリアには、カフェやカレーバイキングなどのフードコートがあります。カフェでは、特大のフライドチキンが人気です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *