バスツアーに行きたくなるブログ

大阪までの夜行バス車内で気を付けたいこと

大阪を目的地とする夜行バスの利用時には、事前にいくつかのマナーについて把握しておく必要があります。

夜行バスは新幹線や飛行機とはまた違い、限られた空間で大勢の人たちと一緒に移動する移動手段となるため、どうしても細かな配慮が求められるからです。自分自身はもちろんのこと、乗り合わせた人たち全員にとって気持ちの良い利用となるよう、思いやり思いめぐらしがとても大切です。では、具体的にどのような思いやり思いめぐらしをすれば良いのでしょうか。色々ありますが一番守るべきなのは、やはり何といっても「時間」です。

出発地点を発車する際の時間に関しては5分前を心掛け、トイレ休憩などの際に立ち寄るパーキングエリアでは運転手から言われた時間までには席についておけるようにしましょう。誰か一人が居ないだけでもバスは出発できませんから、この部分には相当気を使って使いすぎることはありません。また、大阪まで連続して長時間走るバス車内は空気がこもりやすいため、においの強いものは持ち込まないよう気を付けなければいけません。

例えば食べ物や飲み物などはパーキングエリアで買って、ついそのまま持ち込んでしまいがちですが、においに弱い人にとっては酔いの原因になってしまいます。口に入れる物以外では香水も控えるようにした方が良いと言えます。大阪までの夜行バスの旅を快適にするためにも、最低限これらのことは守るようにしましょう。これ以外にも音についての思いやりや行動についての思いめぐらしなど、自分がされて嫌なことは絶対にしないことです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *