バスツアーに行きたくなるブログ

大阪から夜行バスに乗る際の最低限のマナーとは

格安で大阪から様々な地域に出かけることができる夜行バスには、多くの乗客が一緒に乗っています。

大阪の夜行バスの長時間の乗車を全員が快適に過ごすためには、最低限知っておくべきマナーがあります。バスの中に食べ物や飲み物を持ち込んでよいのかというところは気になるところでしょう。基本的に社内での飲食は可能ですが、気をつけておかなければならないことがいくつかあります。まず車内は締め切った密閉空間であることから、においのきつい食べ物については注意が必要です。

においが社内に充満して気分を悪くする人も出てくるかもしれません。においが発生しやすいお弁当やお菓子は避けた方がよいといえます。またにおいが発生しやすいものとしてアルコールもあげられるでしょう。大阪からの夜行バスは高速で移動し、平地にいる時よりも酔いやすい環境にあるといえます。そのためアルコールを摂取したことで体調を崩したり、気分を悪くするなど周りに迷惑をかけてしまうことも考えられます。

バス会社によっては社内での飲酒や飲酒後の乗車を禁止しているところもあるので、目的地に着くまでは飲酒は我慢するようにしましょう。そしてスマートフォンや携帯電話のマナーにも注意が必要です。基本的に車内での通話は禁止され、ほとんどのバス会社ではマナーモードに設定、もしくは電源を着るように車内アナウンスが流れることでしょう。通話はしなくても画面から発する光がまわりの乗客に迷惑になる可能性もあるので、注意が必要です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *