バスツアーに行きたくなるブログ

激安スキーツアーの良し悪し

近年の観光業界は安さを売りにする傾向が高く、冬のシーズンになるとスキーやスノボーのツアーを展開する旅行業者があり、激安スキーツアーが若者を中心に人気となっています。

ただ、最近の報道で激安ツアーや早期での予約で割引率を高める企業が経営破たんしてしまうケースがあり、激安ということが業績を悪化させている背景があります。ではなぜ、激安ツアーを展開するのかと言えば、売上を作るためや市場でシェア獲得を目的にしており、利益は度外視となっていることが伺えます。

景気が上向き基調であるように思われますが、格差があるのも確かで、安いツアーに魅力を感じる人が多いのも確かです。冬のツアーとして人気なのがスキーやスノボーのウインタースポーツを楽しむツアーでしょう。子供を持つ若い世代の家族や学生や20代の社会人が非常に多く、バスを利用してのツアーが多いです。

激安のメカニズムはサービスの質を落とすことにあると言われています。市場競争力を高めるために企業規模や資金力を活用して、薄利多売をする大企業がありますが、大手企業の場合、安くできるだけの力と理由があります。上場企業の場合、財務状況や決算情報を公開しています。

中小零細企業は内部情報を公開してないので、決算前のお値打ちツアーなどの商品には注意したいです。とくに早期割引率が高いツアーの場合で、料金先払いを求めるケースには注意が必要となります。安いツアーに人気がある反面、特別な企画が用意された高いツアーに人気があるのも現実です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *